山下達郎 OFFICIAL SITE

シュガーベイブが産声をあげた場所

シュガーベイブのマネージャーをされていた長崎市出身の長門芳郎さん※。

長門さんは「シュガーベイブが産声をあげた場所」と題して、長崎のライブハウス「Tin Pan Alley」のホームページの中で当時の様子を振り返っています。非常に興味深い記事です。

そこから一部引用させていただきます。

『山下に頼まれ、シュガーベイブのマネージャーになった私は、そのまま「いーぐる」で働きながら、
新グループのデビューを画策。最初に人前で演奏したのは、新宿の「ラ・セーヌ」というライヴ喫茶だった。
ライヴといってもレパートリーも少なく、山下、大貫の曲のほか、小宮や私の書いた曲、それでも足りなくて、ジョー・サウスやキャロル・キングのカヴァーも演奏していた。
ギャラは、5000円。レンタカーやらアンプ借りて、大赤字だった。

その次に出演したのが、長崎市のNBCビデオホールで行なわれたSOON!主催の「大震祭VOL.4」。
1973年8月23日のこと。この時、山下、大貫、私の3人は、東京から長崎まで車を運転して行った。
なぜ、ほかのメンバーのように汽車で行かなかったのか、今となっては理由を思い出せないのだが、、、。

この時のことは、シュガーベイブ の『ソングス』のCDブックレットにも書いたことがあるので、読んでみてほしい。
で、長崎でのライヴ。ほとんど客のいなかった「ラ・セーヌ」と違い、200人前後の客を前にしてのこの時の演奏をシュガーベイブの実質的ライヴ・デビューと言ってもいいだろう。
未熟な演奏ながらもその垢抜けたポップなサウンドで聴衆の心に爽やかな印象を刻み込むことになる。 』

長門さんのことはNHK-FM 「大貫妙子 懐かしい未来」において達郎さんが「のちにマネージャーとなる長崎出身の人」として紹介しています。

ちなみに、1973年当時の山下達郎さんは20歳。
その他、長崎関係のミュージシャン、1973年当時の年齢は・・・

◎さだまさしさん・・・21歳 

長崎ご出身です。
1972年、高校時代からの友人吉田政美さんと「グレープ」を結成し音楽活動を開始。
やがて音楽プロデューサー川又明博によってスカウトされ、1973年10月25日には「雪の朝」でワーナー・パイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)より全国デビュー。

◎福山雅治さん・・・4歳

幼稚園(宝珠幼稚園)に通ってたかな?

※YOSHIRO NAGATO(長門芳郎)「Tin Pan Alley」のホームページより

1950年長崎市生まれ。70年代初期から後期にかけ、シュガーベイブ(山下達郎/大貫妙子ほか)、
ティン・パン・アレイ(細野晴臣/鈴木茂/林立夫)、細野晴臣のマネージャーとして、コンサート/レコード制作に携わる。
(中略)
ライヴハウスTin Pan Alleyの音楽ポリシーに共感し、ミュージカル・スーパーヴァイザー的存在となる。



視力矯正 不妊症

この記事が気に入ったら、いいね!いだけると嬉しいです!
サンデーソングブックの一部を文字お越しでお届けします。
シュガーベイブ
スポンサーリンク
9thnutsをフォローする
未来の自分が振り返る

コメント