山下達郎 OFFICIAL SITE

達郎氏が弾くFender Rhodesに魅せられて

達郎氏が弾くFender Rhodesに魅せられて

達郎氏のステージ(Performance 2010)にはFender Rhodes(フェンダー ローズ)がセッティングされてます。
このローズの音色、ほんとに”じんわり”と心にしみてきます。

ローランドやヤマハのキーボードにはローズの音色を発音するのがありますが、やはりFender Rhodesのあの微妙な”ゆれ”は表現できませんよね。

いろんなプレーヤーがローズを演奏していますが、いくつか紹介しましょう。

Stuff – My Sweetness

超有名な楽曲。この音色にしびれました。

Donny Hathaway – Put Your Hands In The Hand

Friends/Chick Corea The One Step

ローズといえば、チック・コリアですね。

Spartacus – INO hidefumi

フェンダーローズ・プレイヤー、イノ・ヒデフミ、待望の1stアルバムから。
美しいフェンダーローズが響く最高のジャズアルバムに仕上がっています。

maedaさんのコメント御所望にお答えしまして、
zeppelinのNo Quarter !



ペット用品

この記事が気に入ったら、いいね!いだけると嬉しいです!
サンデーソングブックの一部を文字お越しでお届けします。
そのほか
スポンサーリンク
9thnutsをフォローする
未来の自分が振り返る

コメント

  1. maeda より:

     こんにちは、思わずフェンダーローズで反応してしまいますが、僕がまず思い浮かべるのはzeppelinのNo Quarter です、狂熱のライブで10分近いパフォーマンスで堪能できますが、以前はこの曲を聴くと眠たくなっていましたが、年をとったせいか今聴くと良いです。

  2. 9thNUTS より:

    maedaさん、コメントありがとうございます。
    管理人の9thNUTSです。
    そうです、zeppelinがいましたね!
    記事に追加しました。

  3. maeda より:

     ありがとうございます、他にも70年代にローズを使っている曲はたくさんありそうですが、とりあえずまっ先に思い浮かべてしまう曲です。
    ジョンポールジョーンズが楽しそうに演奏しているのが印象に残ります。