山下達郎 OFFICIAL SITE

山下達郎さんサンデーソングブック2022年3月27日『リクエスト特集』(#1537)

サンデーソングブック山下達郎サンデーソングブック 
サンデーソングブック

今週は福岡県福岡市内にいますが、週末は大荒れの天気でした。土曜日、日曜日は心地よい天気になり、桜もあっという間に満開を迎えています。

いよいよ待ちに待った達郎さんホールツアー開催が決定しましたが、達郎さんの歯痛(親知らず)は気になります。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックの一部を文字お越ししています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。

スポンサーリンク

冒頭

達郎氏:

えぇ・・突然なんですがね・・
先週の初めくらいから、親知らずが痛み出しまして。
でも、昼間はなんともない。
夜半になると、シクシク痛み始めるんですが。
明け方も辛いんですけど。

もうダメかなと思うと治まる。
そいでまた起きた時には、なんともない。

っていうのが、3、4日続きましたけど。

歯医者行こうと思ったその日は、昼間から痛くてですね・・

で、行きましたら、親しらずというのは、歯の端っこの方で歯肉がちょっとはみ出るんだそうですね。
そこんとこにポケットができて、そこが炎症を起こしてる。

で、ガリガリガリって、やられて・・
あれするんですけど、まぁ・・
なんていうのか、痛みに波がある。

痛くなって、もうダメかなと思うと、治まるという・・
原理原則、ぜんぜんわからないんです。

でも、話する分には、だいじょうぶなんで。

痛くて話ができないとなると、番組、差し支えますけども。
いつもより、ハキハキできてる感じがいたします。

歯痛に負けずに・・
がんばっていきたいと思います(笑)

世のなか騒然としておりますけども・・
歯が痛いと、そういうことよりも、今日を大事に・・
そういうこと言っちゃいけませんけども。

でも、世の中騒然としております・・
番組は淡々とですね、お届けしたいと思います。

いよいよ今年度最後
3月最後の日曜日でございます。

来週からは新年度でございます。
日本は4月が新年度でございます。

入学
卒業
就職
転勤
リタイヤ

いろいろな変化がある時期でございます。
そういう意味では、わさわさしますけれども。

少しでも音楽で和んでいただければと、願いを込めまして本日もお届けします。
山下達郎サンデーソングブック。

アルバムができまして。
それからツアーの告知も今日、申し上げますけれども・・
いろいろ、バタバタしておりますので。

ずーっと、ここんとこリクエストでやっております。
皆さんのリクエストが、ほんとに助けになります。

1曲でも多く、1枚でも多くお届けしたいと思います。

今日も、たくさんたくさん頂きました。
ありがとうございます。

日曜日の午後のひと時 本日もすてきなオールディーズソングでお楽しみを頂きます山下達郎サンデーソングブック。
本日も「リクエスト特集」
今年度最後のリクエスト特集

本日も最高の選曲と最高の音質でお届けをいたします。

ここんところ、ニューアルバムに入れる予定であります・・
入るんですけど。
ニューアルバムに入れます「Oppression Blues」
「弾圧のブルース」という曲をずっとお届けしておりますけれど。

発売前に全く未発表の曲をオンエアするというのは珍しいパターンなんですけど。

時代が時代ですので。
自分の気持ち、音楽家は音楽で意思を表明するという基本原則に基づきまして、今週もお聴きをいただければと思います。

もうちょっとしましたら、これの英語翻訳とかフランス語翻訳とか・・
各国語に翻訳したソースをですね、ネットにあげる予定であります。

ので、そこでもお聴きを頂ければなと思います。
今は自分の番組でお届けします。

まだ発売日は・・
もうすぐです。
新しく出ますアルバムに入っております「Oppression Blues(弾圧のブルース)」

♪ Oppression Blues(弾圧のブルース)/山下達郎

~ CM ~

♪ Why Can’t We Live Together/Timmy Thomas

♪ I Keep It Hid/The Vogues

♪ Rising Cost Of Love/Cut Glass

♪ For You/Candi Staton

~ CM ~

スポンサーリンク

ホールツアー Performance 2022 決定!

達郎氏:

3月はリクエスト特集で終始してしまいましたが。
今日のは、とりわけリクエストらしいリクエストという感じでございますが(笑)

さて、私 山下達郎
ここの2年あまり、ずっと全国ツアーをごぶさたしておりました。
2019年の末にツアーを終えましてから、2020年、2021年と全国ツアーお休みしておりましたが。

ようやく再開の運びとなりました。

Performance 2022
ことしのツアーはですね、24都市47公演
6月から11月までのツアーでございます。

6月11日 東京 八王子市民会館で始まります。
J:COMホール八王子っつうんだ、今。

そこから始まりまして11月22日の「那覇文化芸術劇場なはーと」
なげぇ~な・・・

ここまでの全47公演でございます。
チケットの一般発売日等につきましては、この放送が終わったあとに、15時以後に、私 山下達郎のオフィシャルサイト ここに掲載いたしますのでご確認ください。

ようやくツアーの発表ができました。

いろいろありますが、スタッフ一同、万全の体制を整えてですね、やってみたいと思います。
動かないことには、始まらないので。

今年は、いつものように、全く変わらずにツアーをできればと思っております。
いつまでやれるか、と。そういう感じもありますけど。
がんばってやっていきたいと思っております(笑)

お待ち申し上げております。

♪ Hard Times Come Again No More/Mavis Staples

♪ Just Looking For My Love/Four Wonders

恐妻家の方のおたよりに反響

達郎氏:

先日 恐妻家の方のおたよりをご紹介しましたらですね。
そういうネタが、たくさん頂きまして。

一番ウケたのは、これですね。

熊本市の超常連 M.Sさん

『今週も番組でハガキが読まれなかったので、妻に「恐妻家のリスナーのハガキしか読まれなかった」と話たら、妻が

「じゃぁ、我が家は恐妻家じゃないから、採用されないわね」
と不敵な笑みを浮かべていました。
その時、少し背筋が寒くなったのは気のせいでしょうか。
そんな妻も3月22日がんん回目の誕生日です。
一言いただけたら幸いです。』

達郎氏:

何も言えない(笑)

これもすごい!
北海道北見市 T.Kさん

『先日の放送を聴いて思いましたが、うちの奥さんは理解があり、やさしい奥さんだと、あらためて思いました。
古いアメ車買うのにも、特に反対もせず、隣に乗ってくれます。
我が家は恐妻ではないと。
本心です!
妻も放送聴いているので(笑)』

達郎氏:

っふふ(笑)
これ(笑)

京都市のY.Kさん

『番組を真剣に聴き始めて、まだ日が浅い若輩者ですが、すっかりルーティンになりました。
毎週「グルーヴィン」が流れてくると
「あぁ、今日も終わりか・・」
と、ぼやいているのですが、この間妻が
「まだ3時なのに、毎週毎週せわしないこと、言わんといて」
と怒られました。

妻に怒られるのは怖いですが、これを言わないと月曜日を迎えられませんので、めげずにめげずに、ボヤいていきたいと思います。』

達郎氏:

各々のご家庭のご事情がですね、透けて見えるというですね・・
みなさん、仲良くしてください(笑)

今日の最後

達郎氏:

今日の最後は年度末の恒例でございます。
毎年、年度末の最後は、この曲になっておりますが(笑)
1994年の竹内まりやさんの「明日の私」

就職等で上京する女性の方の決意表明の歌でございます。

♪ 明日の私/竹内まりや

今週のオンエア曲

14:04 Oppression Blues(弾圧のブルース)/山下達郎
14:08 Why Can’t We Live Together/Timmy Thomas
14:14 I Keep It Hid/The Vogues
14:20 Rising Cost Of Love/Cut Glass
14:26 For You/Candi Staton
14:34 Hard Times Come Again No More/Mavis Staples
14:39 Just Looking For My Love/Four Wonders
14:45 明日の私/竹内まりや

この記事が気に入ったら、いいね!いだけると嬉しいです!
サンデーソングブックの一部を文字お越しでお届けします。
山下達郎サンデーソングブック 
スポンサーリンク
9thnutsをフォローする
未来の自分が振り返る

コメント