山下達郎 OFFICIAL SITE

山下達郎さん サンデーソングブック 2018年9月2日『納涼夫婦放談 part.1』

山下達郎さん サンデーソングブック 2018年9月2日『納涼夫婦放談 part.1』

ちょっと気温が下がって、過ごしやすくなってきました。
本日9/2、神奈川県民ホールでの達郎さんのライブ、素晴らしかったです!

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。

◎ 冒頭

達郎氏:

9月になりました。
早いものでございます。

えぇ・・8月は9本・・・台風が生まれたという。
で、また今週、なんか来るみたいな。

あとから、あとから台風ばっかりきて、どうするんだという感じでございますが。
まったく変な陽気でございます。

東京は、なんかゲリラ豪雨とかですね。
東北も水害がたいへんだそうでございます。
お見舞い申し上げます。

引き続きくれぐれも、ご用心くださいませ。

私は、そんな中を縫ってですね、おかげさまで、いろいろと台風の中、それから豪雨の中、かいくぐって、1本もキャンセルなく、やって参りました。

8月の18日は、苫小牧、北海道。
20日の北見。
8月24日の大阪フェスティバルホール。

そして29日、先週の水曜日の新潟県民会館。

4本やって・・やる前に収録いたしまして。
おかげさまで、滞りなく。

大阪フェスティバルホールはですね・・・
それまでの北海度の小ぶりのホールから、大阪フェスのでっかいホールに行きましたらですね・・・

PAの人が、楽しくなっちゃってですね、音量あげちゃったんですね。

音量あげますと、歌にめちゃくちゃ影響来るんで。
ハネがすごくてですね。

一挙にエヘン虫が出ましてですね・・
1曲半分くらいで苦労しましたけど(笑)
何とか持ち直しました(笑)

新潟は、それで、くれぐれも言い含めましてですね・・
ちゃんと・・・ボリュームでやれって(笑)
怒りまして(笑)

滞りなく、いきました。
お出で頂いた方、ありがとうございました。

本日は、神奈川県民でございます。
今日、明日、横浜でございます。

明日の横浜が25本目でございます。
ここが折り返し、ちょうど中日でございます。

神奈川県民、お出でくださる方、お待ち申し上げております。

今週は、週末が中野のサンプラザ。
来週は、名古屋と続きます。

大都市が、続いてまいります。

お待ち申し上げております。

で、9月に入りました(笑)
はやいものでございまして。

いつもはですね、8月の末に行うアレなんですけども。
ちょいとツアーがありまして、遅れてしまいましたが。

名前がちょっと、ですので語弊がありますけれども。
でも、夏の終わり、今年もこの方ゲストでお送りします。

竹内まりやさん:

こんにちは。竹内まりやです。

達郎氏:

『納涼夫婦放談』というのは・・
これ録ってる段階では30度以上ありますからね。

竹内まりやさん:

いやぁ・・今年は暑かったですね。

達郎氏:

すさまじいですね。

すごい暑いときには、僕は北海道で12泊もしましたけど・・

竹内まりやさん:

涼しくね・・

達郎氏:

逆に、寒いくらいですね。

竹内まりやさん:

ここ四十数年、達郎のツアーみてるけど、絶好調だよね。

達郎氏:

へへへ(笑)

竹内まりやさん:

どうしちゃったの?っていうくらい声出ちゃって。

達郎氏:

全くもってね(笑)

竹内まりやさん:

どうしてそんな声出てんのって・・
俺もわかんねぇとか言って。

どうしてんですか?

何が秘訣?

達郎氏:

わかりません!

竹内まりやさん:

わかんないよねぇ。
去年もよく出てるねって話したけど。
それを上回る声量が出てる・・

達郎氏:

60過ぎたら前に声出せって、先生に言われましたからね。

竹内まりやさん:

毎日出してるのがいいのかなぁ・・

達郎氏:

そうでしょうね。
少しづつ、少しづつ・・

そういう同じ思いがね、ライドオンタイムがヒットして80年からツアー始めたときに、やっぱり80年でツアー再開した時に、出ないんだよね。

そのとき、大瀧さんに「ふふ、毎年半音づつ下がっていくんだよ」って言われて。
82年、3年、4年たって、どんどん出るというね。

竹内まりやさん:

コンスタントにやってると・・

達郎氏:

やっぱり、そういうものなんでしょうね。
勉強です、はい。

竹内まりやさん:

偉いもんだ!

達郎氏:

てなわけで、今年も、ちょっと遅くなりましたが。
竹内まりやさんゲストに『納涼夫婦放談』でございます。

9月に入りましたが、まだ・・まだ天気が不安定でございます。

なんか、秋の日差しの感じはしますが、温度が高かったり、またドンと冷えたりしますので。
皆さま、健康にはくれぐれもお気を付けください。

というわけで、竹内まりやさんゲストに、今年は竹内まりやさん、デビュー40周年でございますので。

いよいよ秋ごろから、そういうことが始まります。
そんな話も含めまして・・・

えぇ、「Summer Vacation」

村田和人さんと竹内まりやさんのデュオ。
このカラオケを借りてきて、山下達郎と竹内まりやで、やりました。

竹内まりやさん:

今日はそっちのバージョンですね。

達郎氏:

それのリクエストが、いろいろ頂きました。

♪ Summer Vacation/山下達郎&竹内まりや

~ CM ~

♪ グッドバイ・サマーブリーズ/竹内まりや

◎デビュー40周年 

達郎氏:

いよいよデビュー40周年。

竹内まりやさん:

11月25日になると、40周年ですね。

達郎氏:

すごいですね!

竹内まりやさん:

久しぶりにデビューアルバムから、かけてみました。

達郎氏:

で、40周年なので。
RCA時代のカタログがですね、全然手つかずですので。

竹内まりやさん:

そうなんですよ、リマスターがね。

達郎氏:

リマスターをちゃんとやろうという企画でございます。

竹内まりやさん:

ようやくリマスターで出せることになりました。

達郎氏:

1978年デビューアルバム「BEGINNING」A面1曲目「グッドバイ・サマーブリーズ」

11月21日、発売予定です。
リマスター発売予定、40年!
40th Anniversaryですね!

竹内まりやさん:

今回、私、「souvenir the movie」という映画を今作っているんですけれども。
編集してね、いろいろやってるんですけど。

その中で、ロサンジェルスにロケに行ったんですけども。
せっかくだから、40年前にデビューアルバムをレコーディングしたララビ・サウンドに行ってみようということになって。

行ったら、サンタモニカ・BVにはもうなくて。
場所が変わってる。

でも、すごくきれいになってて。

まあ、でも、ここでレコーディングしたんだなぁという感慨深さが
このサンタモニカを通ったときにね、ありましたけど。

達郎氏:

リクエストがきてます。
小浜市、福井ですね。
Y.Aさん。

『去りゆく夏の寂しさ、人生の切なさを感じまして、無性に聴きたくなります。』

竹内まりやさん:

ありがとうございます。
これは、アル・キャップスさんというね、AORじゃないんですけどMORのね・・

達郎氏:

ミドル・オブ・ザ・ロード

竹内まりやさん:

そうそう・・
素敵なおじさまがアレンジしてくださって。

ジム・ケルトナー、リー・リトナー、マイク・ポーカロ、トム・スコット・・
というような豪華なメンバーで・・

達郎氏:

AORですね。

竹内まりやさん:

いやぁ、でも楽しいレコーディングでしたね。

達郎氏:

アル・キャップス、今年死にましたよね・・・

竹内まりやさん:

そうですかぁ・・
いいおじさんだった

このコーラスやってくださってるジム・ハーフ、ジョン・ジョイス、スタン・ファーバ、この3人は、それ以後もよくコーラスやっていただいて。

達郎氏:

「バラエティ」も・・

竹内まりやさん:

そうそう・・
こういうアメリカ人らしい男の人のハーモニーがすごいこの曲に合ってるなぁって。

達郎氏:

千葉県八千代市のI.Hさんからも頂きました。
いつもイラストを描いてくださいます。

竹内まりやさん:

あっ!この人ね・・上手!
版画っぽいよね。

達郎氏:

そうだね。

竹内まりやさん:

ありがとうございます。

もともと林哲司さんの曲なんですけども、これは書下ろしではなく、彼のライブラリーの中にあったものを・・
すごくいい曲がうずもれてるから、歌ってみませんかと、いうことで、竜真知子さんに詩を書いてもらったという、いきさつがある曲です。

続いては「輝くスターリーナイト」という曲を聴いてほしんですけども。
これもちょっと珍しく、ちょうど細野晴臣さんがYMOを準備なさってるころに、作曲を頼んだところ快諾してくださって。

高橋幸宏さんが、作詞、それから作曲、細野晴臣というコンビネーションなんですけど。

達郎氏:

あんまりないよね。

竹内まりやさん:

ないですよね。
ちょっと、ホワイト・ドウ・ワップ仕立てで。

今でも、私ね、細野さんがデモテープをくださったときに、なんかピアノの前でひとりで「リンダスコットみたいな曲、作りました~」って一言言って(笑)

それでこれが始まったの、すごく覚えてて。
でも詩が間に合わなくて、LAに行ってからFAXで受け取って、幸宏さんの詩が・・届いてその日にすぐ歌入れだったんで。

どう、この言葉を合わせていいか、わかんないみたいなとこがあったんですけど。

それも、すごい思い出に残ってます。

達郎氏:

YMOと同時代だからね。
落差がすごいね。

竹内まりやさん:

そうだね!
そうだよね。

こういうポップな曲もやりつつ、YMOを準備してたっていう・・

達郎氏:

そのフレキシブルさ・・

竹内まりやさん:

聴いてください。

♪ 輝くスターリーナイト/竹内まりや

◎当時は・・ 

達郎氏:

声、わけー(笑)

竹内まりやさん:

子供っぽい声してるよね(笑)

達郎氏:

当時は遅いデビューだって言われたけど。
そうでもないな。23歳。

竹内まりやさん:

23歳ね・・・
ま、遅い・・よね。

達郎氏:

俺、22だもん。
SONGS。
で、女のひと、意外と若いのよね。
ユーミン 19?
ターボ―21か・・

竹内まりやさん:

でも、やっぱり早い人は10代でね、デビューする・・

達郎氏:

アイドルは14、15、当たり前だけどね。
ま、そういう感じですね。

竹内まりやさん:

♪トゥルルルってベースパート歌ってんのはアル・キャップスなんですよね。

達郎氏:

あれ、そうなの?笑

竹内まりやさん:

そうなの。
いい声、してんですよ。

達郎氏:

ま、みんなドゥ・ワップ・エイジだからね。

竹内まりやさん:

なつかしい、すごく・・

で、達郎が書いてくれた「夏の恋人」も、このメンバーで。

達郎氏:

あれ、電話で送ったんだよ。

竹内まりやさん:

そうだよね・・
歌詞をね。

そういう時代だったね。
メールなんてなかった時代だからね。

達郎氏:

ないからね(笑)

でも、カセットをエアメールで送って・・

竹内まりやさん:

聴いてもらって・・

◎リスナーからのお便り(富山県富山市のY.Yさん) 

竹内まりやさん:

『達郎さんは中学生のときに、ブラスバンド部に入って、それで人生が変わったっていうか、決まったそうですが、ブラスバンドに入ろうと思ったきっかけは何でしょうか。

また、まりやさんは中学、高校と何部に所属していましたか。
そしてどのような学生生活を送ってきたのでしょうか。
お聞かせください。』

私は軟式庭球部で、もうスポーツ少女だったんですけど。
なんでブラスバンド入ったの?

達郎氏:

話せば長いことかながら・・・

中学に入ったときには、科学部に入ろうと思ってたわけ。

竹内まりやさん:

らしいね・・・

達郎氏:

で、中学入って、ホームルームで、希望のクラブを紙に書いて出すんだよね。
で、僕、一番後ろの席・・
これ、よく昔から話してることなんだけど。

で、一番後ろの席のやつが、紙集めるじゃん。
答案用紙とかさ・・

そのときに、紙集めたら、前に二人いたの、ブラバンが。
そんなにいるんだったら、そっちにしようかなって。

席もどって、科学部消してブラバンって書いたのね。

竹内まりやさん:

付和雷同・・(笑)

達郎氏:

で、終わって、放課後に部活の部屋へ行ったら、そのクラスでブラバンはそのふたりだけ。

竹内まりやさん:

だけだった?

達郎氏:

ここが僕の人生のね・・
何回か転換期あるけど、いっちばん大きな転換期。

竹内まりやさん:

科学部入ってたら、やぱり歌ってないかな・・・

達郎氏:

120%ミュージシャンになってない!

竹内まりやさん:

ないかな・・・

達郎氏:

なってない!

竹内まりやさん:

それでも、私、音楽好きだから、どっかのポイントで・・・音楽に変わってんじゃない?

達郎氏:

楽器奏者にならなかったから。

竹内まりやさん:

あぁ、なるほどね!

達郎氏:

そこでパーカッションやって、その楽器の1年先輩がギター弾いてて。
それがうまいなって思って。

俺の同級生がピアノ上手いやつがいて。
そういうあれで楽器あれして・・
トロンボーンだの、いろいろいじってね。

竹内まりやさん:

あぁ・・
そこか・・・

達郎氏:

ブラバンは大きい。
それがなかったら、楽器に触れるチャンスが、まずないから。

竹内まりやさん:

私もね、軟式庭球部、すごい好きだったから。
テニスを心行くまで、中高とやったから。
絶対大学入ったら音楽やるぞって決めてたの。

達郎氏:

なるほど。

竹内まりやさん:

田舎で音楽のバンドやるような環境では、あまりないから。
大学入ったら、絶対音楽にいくから、今はスポーツをするっていうふうにしてたから。

達郎氏:

でもお兄さん、お姉さん、音楽好きだったよね。

竹内まりやさん:

兄妹ではやってたのよね。
だから、大学で初めて洋楽とかを、知識を交換できる仲間と会ったから。

だから、そういうソサイアティって大事だなって。

達郎氏:

大事ですよ。

僕のブラバンのパーカッションの前がトロンボーンだから。
そいつは俺の50年来の親友なんです。
こいつが俺にビーチボーイズ教えてくれて。

竹内まりやさん:

なるほどね・・・

達郎氏:

そいつが小学校のときから英語習ってて。
だからそういうFEN聴いててね。
あれかかるから聴けとかいって・・・
そいつが僕のポップスの最初の先生だから。

竹内まりやさん:

ブラスのアレンジとかみてると、ブラスバンドに入ってからこそだなって思うことがいっぱいある・・達郎みてると。

達郎氏:

ブラバンのスコア・リーディングは1年くらいやらされたことあるから。
スコア・リーディングのブラスバンドに関しては若干わかる。

竹内まりやさん:

役に立ってるよね。

達郎氏:

それなくしては、ミュージシャンに絶対なってません。

♪ 寒い夏/山下達郎

~ CM ~

◎来週 

達郎氏:

来週も引き続きパート2お届けしますが。

でも、まとめ録りしてますので。

竹内まりやさん:

そうなんです・・

達郎氏:

すいません。
今からお便りいただいても、反映できませんので。
あしからずご了承ください(笑)

♪ This Boy/竹内まりや with BOX

◎リスナーからのお便り(荒川区のT.Hさん) 

達郎氏:

『東京ディズニーランドも35周年のようですが、まりやさんはディズニーランドのキャラクターで好きなキャラクターはありますか。

私はミッキーです。

何回くらい行ってますか。』

竹内まりやさん:

何回くらい、行ったんだろう(笑)
子供が小さいときは、ずいぶん行きましたけど、私は、ちょっとのんびりした犬のグーフィーが好きで、自分の愛犬にも、そういう名前つけましたけど。

達郎は、どういうキャラクターが一番好き?

達郎氏:

そう聞かれるとなぁ・・・

竹内まりやさん:

聞いたことないよね(笑)

達郎氏:

ディズニーのキャラクターで誰が一番好き?
あれだな!
あのトランプかな。

竹内まりやさん:

トランプね。
ふんふん ふんふん ふんふん
レディ&トランプのね。
わんわん物語

達郎氏:

あの、やさぐれた感じが好きだな。

竹内まりやさん:

わんわん物語で、このスパゲッティで歌ってる人が好きなんじゃない。

達郎氏:

あの人もいいね!

竹内まりやさん:

ベラノッティだっけ・・

達郎氏:

ファンタジアの後期とかね、いろいろあるね。

◎リスナーからのお便り(名古屋市のW.Tさん) 

竹内まりやさん:

『お二人に質問です。
レコーディングやコンサートで歌うときに、気を付けていること、大切にしていることはありますか?』

達郎氏:

なんじゃい、それ?

竹内まりやさん:

なんかある?

達郎氏:

前日に酒飲まない。
睡眠たっぷりとる。

それかな!

竹内まりやさん:

レコーディングに関してはどう?

達郎氏:

レコーディングは・・・・

竹内まりやさん:

気を付けていること・・

達郎氏:

気を付けてること(笑)

う~ん・・・

竹内まりやさん:

私はね、日本語の発音とかは、すごい気にする。

達郎氏:

俺は、ないなぁ・・・

竹内まりやさん:

で、コンサートのとき、気を付けてることは、緊張しないこと・・・

達郎氏:

ふへへへへ(笑)

竹内まりやさん:

絶対緊張するもん!
私の場合(笑)

達郎氏:

場数が少ないからね。

竹内まりやさん:

そういうことです。

達郎氏:

しょうがない。

♪ All My Loving/竹野屋セントラルヒーティング

◎リスナーからのお便り(千葉県のH.Kさん) 

竹内まりやさん:

『全国ツアー何度もまわっているうちに、お気に入りのローカルフードやB級グルメが見つかることはありますか』

達郎氏:

あんまりありませんけど・・・
名古屋は、結構好きなんですよね。

竹内まりやさん:

例えば?

達郎氏:

てんむす
手羽先
味噌煮込み
ひつまむし

名古屋は意外とあう・・
八丁味噌好きなんだよね。

◎リスナーからのお便り(北見市のT.Hさん) 

竹内まりやさん:

『北海道 長く滞在したようですが、お二人が食べたなかで、おれがおいしかったというものは何ですか』

達郎氏:

新しくできた札幌ラーメン屋はうまかった。

竹内まりやさん:

それって味噌ラーメン?

達郎氏:

うん、カウンター5席
すごい行列。

竹内まりやさん:

一緒に行った札幌のイタリアンもおいしかったね。
若いシェフで。
リーズナブルなね。

達郎氏:

すごいリーズナブルだね。

いやぁ、札幌も奥が深い!
なかなか!

竹内まりやさん:

達郎さん、声も出てますけど、おなかも出てきましたね、ちょっと。

達郎氏:

だって12泊で、毎日、人間ブロイラーですからね。

竹内まりやさん:

だよね(笑)

達郎氏:

ほんとに(笑)

そんなに持ってくるなって言ってるのに(笑)

竹内まりやさん:

食べる時間が遅いんだよね。

達郎氏:

そうです。

竹内まりやさん:

ライブ終わってから、なんだかんだで11時近いじゃん。

達郎氏:

少しね、オーバー・ウエイトになったからっていってツアー中にダイエットできませんからね。

どうすりゃ、いいんだって(笑)

竹内まりやさん:

ほんと!

達郎氏:

リハーサルのとき、きちっと落としたのに、元の木阿弥。
どうしてくれるんだ!!

竹内まりやさん:

折り返し地点だからさ、終わるころには、どうなってるのかしら(笑)って思って
ヒヤヒヤしてるの。

◎リスナーからのお便り(新潟市のI.Mさん) 

達郎氏:

『まりやさんに質問ですが、最近面白くて笑ったことはありますか。
私は居酒屋の入り口に書いてあった、

”酒と女は 2合まで”

を見て笑ってしまいました。』

竹内まりやさん:

それ、いいよね(笑)
しゃれたこと書いてるね(笑)

なんだか、つまんないことでも、やたらに笑うタイプの人間なんで。
何に笑ったって言われても、思い出せないんだけど。

達郎氏:

毎日、笑ってんじゃん!

竹内まりやさん:

だから、なんかある!?

達郎氏:

中国地方でバス移動したんだけど。
5時間ほど。

その時に、いつもアメトークとか、いろいろDVDかけんだけど。
その時は、「ダウンタウンのごっつうええ感じ」のベスト・オブ・ごっつうええ感じ
これ、すごかったなぁ・・・

あのね、やっぱり関西の笑い、くどさっていうかね、しつこさっていうかね・・
なるほどこういうもんなんだって。
関東圏は、あんまりそこまで深くは見ないから。

竹内まりやさん:

あとは、あれじゃない・・
細かすぎて、どうのこうのって、モノマネ?
あのシリーズも結構ツアーバスの中で見て笑ってたよね。

達郎氏:

あれをメンバー全員で見るのがね。

そすと、あの・・コーラスの子が、「これ去年も見たし、おととしも見ました」って言われて・・・
全然気が付いてないの、我々は(笑)

◎エンディング 

達郎氏:

てなわけで、この続きは・・・何が続き(笑)
来週、パート2でございます。

9月に入りましたので、少し秋の気配はありますので。
まだ台風なんかはありますけど。

一応夏の終わりの定番としての「さよなら夏の日」でございます。

竹内まりやさん:

これ、北海道のライジング・サン・フェスでやりましたよね「さよなら夏の日」。
その小雨が降るなかで歌ってて、すごく合ってました。

いつも雨ですね。最近。
なんか大雨じゃなくて、霧雨のような感じで。

達郎氏:

去年の気志團万博も雨だったし。

竹内まりやさん:

でも、その風景にこの曲がぴったりだった。

達郎氏:

てなわけで「さよなら夏の日」
来週も、竹内まりやさんゲストで引き続き、よろしくお願いいたします。

竹内まりやさん:

よろしくお願いします。

♪ さよなら夏の日/山下達郎

今週のオンエア曲

14:05 Summer Vacation/山下達郎&竹内まりや
14:10 グッドバイ・サマーブリーズ/竹内まりや
14:18 輝くスターリーナイト/竹内まりや
14:26 寒い夏/山下達郎
14:33 This Boy/竹内まりや with BOX
14:39 All My Loving/竹野屋セントラルヒーティング
14:46 さよなら夏の日/山下達郎

この記事が気に入ったら、いいね!いだけると嬉しいです!
サンデーソングブックの一部を文字お越しでお届けします。
サンソン「夫婦放談」
スポンサーリンク
9thnutsをフォローする
未来の自分が振り返る

コメント