山下達郎 OFFICIAL SITE

山下達郎さん サンデーソングブック 2019年10月20日『リクエスト+棚からひとつかみ』(#1410)

山下達郎さん サンデーソングブック 2019年10月20日『リクエスト+棚からひとつかみ』(#1410)

長崎市内は、朝夕がひんやりとしてきました。
週末、土日は、よい天気に恵まれました。

今日のサンソン、仕事でお悩みのリスナーへの達郎さんからのコメントは、感慨深いものがありました。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。

◎ 冒頭

達郎氏:

10月も後半に入っております。

9月に引き続きまして、台風・・・たいへんでございます。
ちょっと前倒しが緩和しましたけれども、台風からはずいぶん過ぎてしまいまして・・・

広い範囲でですね、甚大な被害が出ました。

被災された皆さま、心よりお見舞い申し上げます。

結構長くかかりそうです。
9月もすごかったですけれども、10月も、ほんとにすごくてですね・・・

私はでも、たいへん幸運なことに、根室でライブでございまして。
札幌公演から根室に移ったので、北海道は、ほぼほぼですね、だいじょうぶだんたんですけども。

あれ、もし札幌公演がなくて東京から根室に入ってたたら、たぶんコンサートできなかった・・・ところでありまして。

間一髪でですね、根室の公演ができました。

先週の13日でございます。

前倒しで、1、2、3、4、5、6、7本・・
過ぎてしまいまして。

金沢の本多の森ホール
新潟県民会館
札幌文化芸術劇場

そして

根室、生まれて初めて根室。
根室市総合文化会館

7本やって番組収録しております。

お出で下さいました皆さま、誠にありがとうございました。

北陸、金沢、新潟、ほんとにお客さん、すばらしくて。
たいへん、盛り上がりました。

生まれて初めての根室もですね、あたたかいお客さんで・・
ありがとうございます。

またよろしくお願いします。

それでもまだ、ちょいと前倒しでございますが。
岡山の・・・一昨日18日の岡山倉敷市民会館、うまくいってるはずでございます。

本日は香川に参ります。
高松レクザムホール 大ホール、香川県民ホールでございますね。

今日、お出でいただく皆さま、お待ち申し上げております。

これが終わりますと、本来の千穐楽であったはずの沖縄でございます(笑)
でも、その沖縄の後もですね、4本残っております。

あとちょいという感じでございます(笑)
今年は、わりと長かった。

台風から1週間ちょっと過ぎました・・・が、こういうときはですね、番組の構成が非常に困ります。

まだ被災された皆さまはですね、それこそ大変でございます。

実は、私のあの・・・ライブの現場を統括しております末永君ていうのがおりましてですね。

彼、狛江なんですけども。
彼の家が、半地下のメゾネットのですね、半地下部分が冠水しまして。
水没しまして。

衣類とCDが全滅。

旅先に持って行った服しかないという・・・
着たきりであります・・

奥さんから電話かかってきて、アレサフランクリンのCDが浮いてるよって・・
そういうあれでございます。

身内が被災しますと、たいへんでございます。

ですので、もう・・こういう時にはですね、番組ほんとに難しいんですが。

それでもまだライブの途中でございますのでですね。
なかなか余裕がないので。

みなさんのリクエスト、たくさん頂いておりますが。
比較的優しい曲を選んで・・
ちょっといつもより抑制的なプログラムでお届けします。

被災された方、ラジオをお聴きの皆さま

心よりお見舞い申し上げます。

なかなかちょっと、こういう時はですね、音楽がどれくらい力になるか、分かりませんけれども。

少しでも・・

お慰めできれば、という・・

その気持ちだけ、汲んでやってください。

というわけで1410回目の山下達郎サンデーソングブック、本日は皆さまのリクエストカードに基づきまして、お届けいたします。

お便りとリクエストカードでお届けいたします。
いつものように、日曜の午後のひとときでございますが、本日も一生懸命選曲してます。
お楽しみいただければと思います。

♪ 旅のつづき/竹内まりや

~ CM ~

♪ アイ・サンキュー/サム&デイヴ

◎ 自分ができること 

達郎氏:

前倒しでずっと・・ライブの影響で・・
大幅な前倒しで収録しておりますので。

台風19号からですね1週間たってしまいましてですね。
非常に間抜けなあれなんですけども・・・

で、収録してるのは、台風の直後でございますのでですね。
結果的に、なかなか、言葉がなかなか選べないというですね・・・

どういう状況になっているか・・

えぇ、情けないんですけども。

被災された方々へのですね、お見舞いの気持ちを込めて。

今日は、ちょっと・・

少し景気のいいやつ。
少し抑制したやつ。
優しいやつ。

いろいろとですね、それなりに、今の今日考えられる感じで、皆さんのリクエストを使って、利用させていただいてですね。

こういうときは、あのぉ・・ほんとに・・
自分ができることをやるしか、ありませんのでですね。

番組も、そういう形でやらせて頂きます。

こういうときは、与党も野党もないのでですね・・

なんか行政がどうたらとかですね、そういうのは、後で言えばいい話なので・・

とりあえず自分にできることをですね、各々のスタンスで・・やるというですね。

私も、そういう形でやらせて頂きます。

♪ ユーズ・ミー/ビル・ウィザース

◎ リスナーからのお便り(神奈川県藤沢市のK.Aさん、26歳) 

達郎氏:

ここんとこ、私、あのぉ・・・
この番組、お若い方が、たくさん下さる、ということをずーっと申し上げておりますけれども。
ほんとに、いただいてるんですよ!

『サンソンを聴き始めて2年弱の若輩者です。

先日、我が家は畳を張り替えました。
新しい畳は、足触りが滑らかで、歩いて滑りました。

サンソンを聴きながら、畳に寝転がるのが至福のひと時です。』

達郎氏:

意外とあのぉ・・老けた内容のお便りでございますね(笑)
いいですね、まったりして。

◎ リスナーからのお便り(愛知県豊明市のT.Hさん) 

『初めてお手紙差し上げます。

9月25日、名古屋公演におじゃました24の若輩ものです。
素敵な3時間と、失神しそうなほど感激しました。

年明けには、医科国家試験があり、暗雲立ち込める今日この頃ですが、達郎さんの声に一筋の光明を見出した気がします。

この先も、お体に気を付けて、僕たちに癒しを与えてくれる歌をたくさん送ってください。』

達郎氏:

孫ですね、孫。
がんばってくださいね。
未来はあなた方が作りますからね。

◎ 根室からの帰り 

達郎氏:

そういえば、あのぉ・・・根室から帰ってくる飛行機にですね、隣の席に座ってた人が、27歳の大阪からいらっしゃったという方でしたけども。

その人と、羽田のですねターミナルに行くまで、バスで、いろいろと質問攻めにあいまして(笑)

ビートルズは何を聴くのかとか、そういう(笑)

若い!!

ありがたいことですが(笑)
この年になると、そういう20代の方のですね、お便り読むようになるとは夢にも思いませんでした。

♪ For Your Love/Peaches & Herb

◎ リスナーからのお便り(長野県上田市のS.Kさん) 

達郎氏:

この方もお若い方でございますが。
上田市、だいじょうぶですかね・・・

お大事に。

『サンソンにハガキを出し始めてから、今年で4年経ち、ハガキ歴、まる5年になります。
ほとんど毎週送ってきたので、約200枚を超えるハガキを送ってきました。

その中で読んでいただいたのが、約30枚・・9月末時点。
これからも送りますので、番組で読んでもらえれば幸いです。』

達郎氏:

これ、あの・・・アピールしてますね!

◎ リスナーからのお便り(埼玉県所沢市のM.Yさん) 

『番組で、英語のタイトルで曲名を紹介する際、達郎さんはカタカナ読みで紹介していますが、これには何かこだわりがあるのでしょうか。

それとも長年ラジオに関わる中で、どなたかに師事、あるいは指導を受けて、そうされているのでしょうか。

ちなみに、駅や車輌で英語のアナウンスが流れますが、駅名の部分をあえてカタカナ読みにする鉄道会社が多いようです。』

達郎氏:

若いころからラジオを聴いておりますが。
日本の放送なので、やっぱりタイトルはきちっと、どなたにもわかるように言わないとダメだと思います。

中学、高校から、そういう放送に慣れてきましたので。
なので基本的に「フォー・ユア・ラブ/ピーチズ アンド ハーブ」(For Your Love/Peaches & Herb)と言います。

バイリンガルの人が、ときどきですね・・
「New Album!」とか、そういう方がいらっしゃいますけども、あんまり好きじゃありません。

どなたにもわかるように心がけておりますが。

日本の放送なので、そういうことにしております。
えぇ、あしからず!
よしなに!

♪ It’s The Same Old Love/The Courtship

~ CM ~

◎来週 

達郎氏:

前倒し、ちょっとと、あとは台風1週間遅れで、なかなかこうリアルタイムがですね・・
対応ができなくて(笑)
ほんとに申し訳なくて(笑)

もうすぐツアーが終わりますので、そうしましたら直近でできますので。

そうしましたら、もうちょっと、きめ細かにできます。
ツアー終わるまでは、ひとつよろしくお願いします。

気持ちだけ・・・

来週もこんな感じでリクエストと棚からひとつかみでお届けします。
引き続き、リクエスト、お便り、たくさんお待ち申し上げております。

〒102-8080
東京FM『山下達郎サンデーソングブック』の係

♪ Recipe (TV size)/山下達郎

◎ リスナーからのお便り(川崎市のE.Mさん) 

『初めて金沢に遠征して、9月30日の金沢二日目コンサート堪能しました。
ステージと客席がほんとに一体となった、とてもとても素晴らしいコンサートでした。

金沢に不慣れであり、おまけに方向音痴の私は、地元の方に道を尋ねること、たびたび。
でも、その都度、とても親切ていねいに教えてくださり、おまけに「金沢を楽しんでいってくださいね」なんて優しいお言葉までかけて頂きました。

金沢のみなさんにも感謝です。
いい旅でした。

リクエスト、Johnny Mathis「Heavenly」お願いします。』

達郎氏:

遠くからありがとうございます(笑)

♪ Heavenly/Johnny Mathis

◎エンディング 

達郎氏:

今日は、ちょとしゃべりすぎで。

時間がなくなってきてしまいました。

残りの時間、お便りご紹介しますが。

埼玉県のS.Kさん。

『我が家はケーブルテレビに加入しているのですが、先日、営業の方が訪問され、加入チャンネルを増やしてほしいとセールスされました。

私は、

「今の契約チャンネルで満足しているので増やすつもりはない。
そもそも、テレビはどうでもよくてFMでエアチェックしてる番組があるので、そのために契約しているようなものだから」

と伝えると、

「もしかして、山下達郎さんのですか。そういうお客様は二人目です」

その後すんなり帰られました。』

すごいなぁ~
その人に、なんか悪い感じがする・・

石川県金沢市のT.Kさん。

『そんなこと聞いてどうするコーナー 』

また来た(笑)

『達郎さんの好きな寿司ネタはなんですか。
海の幸が豊富な石川県にちなみ、お寿司の絵葉書を選びました。
ハガキを買ったのは銀座なんですが。』

っへへへ(笑)
かわいいお便り(笑)

寿司ネタねぇ~

私は、あれです、コハダですね。
コハダ、シンコ・・・
お寿司でしか食べないお魚ですのでですで。

シンコが出てきて、コハダになって・・
季節感がありますね。

やっぱ、年を取ってきますと、握りがだんだん、重くなってくるんですよ。
だから、酒飲みながら、つまみで食べるという(笑)

そっちの方が主になってきますので。

特にやっぱりコハダの季節になると、うれしいなって感じがしますが。
あんまり答になってませんね(笑)

和歌山市の超常連の方ですが。

これ、内容があれなので。
名前読みませんが。

『最近仕事がうまくいかなくて、落ち込んで夜も眠れないこともありましたが、先週の「希望という名の光」を聴いて、少し元気がでました。

達郎さんは、うまくいかないとき、今までどうやって乗り越えてきたのですか。

そんなこと聞いてどーすんだと言われそうですが、結局今の仕事を毎日、毎日やってくしかないのでしょうね。
コンサートももう少しですね。
どうかお体に気を付けて、完走されることをお祈りしています。』

そうです、ほんとに。

え、あの・・・

いろいろありますけれど。

もがいて、とにかく前に進むしかありません!

自分の心と対峙して、結局は人が助けてくれませんのでですね。

自分の心は、自分の心の中で解決するしかないので。

とにかく・・

あがいて(笑)
バタバタしてですね(笑)
やるしか、ありません。

なんかこう・・
いろんなことを、いろんな・・・
特にネットの時代ですから、いろんなことをおっしゃる方、いらっしゃいますけど。

結局は自分の意思ですからね。

えぇ・・・がんばって・・・
「がんばって」って言い方もよくないですけども。

でも、がんばるしかないです!

えぇ・・でも、あの・・

アップしたり

ダウンしたり

いろいろあれしてですね。

這いずり回ってわるしか、ありません。

みんなで、がんばりましょう!

というわけで、今日の最後は「希望という名の光」

♪ 希望という名の光/山下達郎
今週のオンエア曲

14:06 旅のつづき/竹内まりや
14:11 アイ・サンキュー/サム&デイヴ
14:16 ユーズ・ミー/ビル・ウィザース
14:23 For Your Love/Peaches & Herb
14:29 It’s The Same Old Love/The Courtship
14:36 Recipe (TV size)/山下達郎
14:39 Heavenly/Johnny Mathis
14:45 希望という名の光/山下達郎

この記事が気に入ったら、いいね!いだけると嬉しいです!
サンデーソングブックの一部を文字お越しでお届けします。
山下達郎サンデーソングブック 
スポンサーリンク
9thnutsをフォローする
未来の自分が振り返る

コメント