山下達郎 OFFICIAL SITE

山下達郎 サンソン特集090510_08_Right Track Wrong Train(Cyndi Lauper)’83

ソングライター特集、エリー・グリニッチ(4)
2009年5月10日 放送

達郎さんの「話」を「テープ起こし」でテキスト化してみました。
誤字脱字はご容赦のほどを・・・・。

さて、エリー・グリニッチ、先ほど申し上げましたみたいに70年代に入りまして
そうしたレコード制作に関するしがらみ、権利問題などいろんなことがありまして
70年代の初めに神経衰弱で2年ほど、現場を離脱致しました。

その後、コーラスで復帰しまして、ちまちまとやっておりまして、従いまして
70年代は殆ど作品を出しておりません。

これがまた、ちょっと活発になりましたのが80年代に入りましてからでございまして
イギリスのニューウェブ・ムーブメントあたりから、またエリー・グリニッチが再評価
されてきまして、それが例えばブロンディの一番最初のデモが「OUT IN THE STREET」でありますとかですね
ブロンディのファースト・アルバムではエリー・グリニッチはコーラスやっておりますし
曲を提供してもいますが、我々の世界でエリー・グリニッチが復活したという、一番
インパクトがありましたのはシンディ・ローパー。

ファースト・アルバムでコーラスやっておりますが、なんつってもシンディ・ローパーの
出世作「GIRLS JUST WANT TO HAVE FUN」のB面がエリー・グリニッチの曲でありました。
1983年のことであります。

シンディ・ローパー「RIGHT TRACK WRONG TRAIN」

シンディ・ローパー、この人バリバリのニューヨーカーであります。
エリー・グリニッチがインタビューで、今までコラボしたシンガーの中で一番気が合った人だ
というようなコメントを残しております。

シンディ・ローパーのファースト・ヒット、「GIRLS JUST WANT TO HAVE FUN」。
日本題だと「ハイスクールはダンステリア」、このB面に入っております。
シングルオンリーでございます。
驚いたことに、未CD化で、これ、私オリジナル・シングル持っております。



国内格安ツアー 地震対策

この記事が気に入ったら、いいね!いだけると嬉しいです!
サンデーソングブックの一部を文字お越しでお届けします。
山下達郎サンデーソングブック 
スポンサーリンク
9thnutsをフォローする
未来の自分が振り返る

コメント