山下達郎 OFFICIAL SITE

山下達郎さん サンデーソングブック2022年3月13日『リクエスト特集』(#1535)

サンデーソングブック山下達郎サンデーソングブック 
サンデーソングブック

長崎市内の日中の気温は20度を超えて初夏の陽気です。

今日のサンソン、「音圧」の定義をあらためて知りました。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックの一部を文字お越ししています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。

スポンサーリンク

冒頭

達郎氏

少しづつ春めいてまいりましたが、夜はドンと冷えるという・・・
前日収録しておりますけれども。
今日は暑い・・でも夜になると一桁になるという。
恐ろしい気温の較差! 温度差!

皆さん、くれぐれも、こういう時は体調崩しやすいので。
お体、くれぐれもお大事に。

日曜日の今日の予報は、雪じゃなくて雨になっておりますね。
信越北陸あたり・・
またなんか、週半ばごろになって雪の予報も出ております。

いずれにせよ寒暖の差が激しい、季節の変わり目でございます。

私、いよいよ今年のスケジュールが出てまいりまして。
それに伴って、やることがたくさんあります。
うわぁ~っとなっております。

なので、今日は「棚つか+リクエスト」
レギュラープログラムに近づけようと思いましたが・・
それにいたしまして、リクエストカードがたくさん頂いておりますので。

こういう時ですので、お応えできるだけ、お応えしようと。
今日はリクエスト100%!
来週もリクエスト100%!

2週間、やれるだけ!

すごくスケジュール詰まってきておりますので(笑)
今週、来週・・
今週は直前でやておりますが、来週は前倒しでいきたいと思います。

そのへん、ひとつ・・・
よろしくお願い申し上げます。

というわけでリクエスト特集

日曜日の午後のひと時
本日もすてきなオールディーズソングでお楽しみをいただきたいと思います山下達郎サンデーソングブック。

本日も、おたより1枚でも多く、リクエスト1曲でも多くお応えしたいと思います。
本日も最高の選曲と最高の音質でお届けをいたします山下達郎サンデーソングブック。。

先週、非常に異例ですけれども昨今のご時世に感じることがありまして。
今度発売されます、近日発売のアルバムに収録する予定の曲をですね、前倒しで・・

こんなこと、生まれて初めてですけども。
前倒しで、おかけしました。

「Oppressions Blues(プレッションズ ブルース)」
タイトルなんですけども・・

ここの一週間ですね、関係各位、諸先輩方、いろいろとですね論議を重ねまして・・

「Oppression Blues(オプレッション ブルース」にタイトルを変えました。

いろいろと諸説ありまして。
タイトルを変更しました。

発売前なのに、タイトル変更もへったくれもあるか!(笑)
先週は、「Oppressions Blues(プレッションズ ブルース)」と申し上げましたけれども、これからはオフィシャルに「Oppression Blues(オプレッション ブルース」

近日発売のニューアルバムに収録します。

で、すごくお便りを頂きまして。
「もう一度、聴かせろ」
ラジコでさんざんお聴きになってるのに、まだ聴きたいのか!

そんなこと言っちゃいけませんね(笑)

今週もおかけしたいと思います。

ほんとに我々の世代は、戦争が割と遠い・・
ベトナムですらですね、遠い感じですけども。
やっぱり自分自身が年を取ってきたということもありますけど。
非常に、こう、やっぱりそういうところに身近に感じられます。
特に、ネットや映像お情報というのはふんだんに入ってきます。

何がほんとで、何が嘘なのか、全然わからなくなってるという。
そういう・・なんかこうした放送の中で、どういうことを申し上げたり、こういう番組をどうやって作っていくか、一人一人がみんな問われていきますけれども。

毎週申し上げておりますとおり、世の中が平安でないと文化というのは成立しませんので。

できたら私、一音楽家としてですね、できることを、どいう具合に行うかということを考えてですね、番組は、ひたすら平常心で、淡々と進行して参りたいと思っておりますが。

音楽家は音楽で表現するという考え方ですので。
今度のアルバムに収録する予定のこの1曲
先にお聴きをいただいて・・ということで今週もお届けしたいと思います。

近日発売!
発売日決めろよ、早く!

近日発売の私のニューアルバム
タイトルを言えねぇんだ、ほんとに!

えぇ・・・そっから「Oppression Blues」

♪ Oppression Blues(弾圧のブルース)/山下達郎

~ CM ~

♪ Stay/Maurice Williams & The Zodiacs

スポンサーリンク

花粉の季節

達郎氏

埼玉県 蕨市のA.Kさん

『花粉が飛んでます。
目はショボショボ、鼻はムズムズ
達郎さんは花粉だいじょうぶでしょうか。』

達郎氏:

たいへんですね。花粉の季節ですね。
私は、おかげ様で、だいじょうぶです。
ぜんぜん。

お大事にひとつ。

温かくなれば花粉
寒くなればインフルエンザだの、コロナ・・
体、お大事に。

♪ Hallelujah/Sweathog

同様のお便り

達郎氏:

兵庫県加古川市のS.Mさん

『「オプレッション ブルース 最高にかっこいい曲
最高やわ、さすが達郎、ええ曲書くわ」
嫁さんに熱く語っておりましたら、嫁の一言

「達郎さんが、あんたに褒められてもなぁ」

アルバム楽しみにしております。』

達郎氏:

女性上位・・・
同様のお便り

宮崎市のW.Kさん
これ読んじゃっていいのかな(笑)
いいよな(笑)

『先週、サンソンを聴いて妻と一緒に時間を過ごして投稿したものです。
先週の日曜日、ヤマメ釣りをしていると、妻からLINE

「出たね」

「うん」

返事に詰まりながら
「釣り中」
と返信

すると

「今、あなたの投稿が読まれたわよ。
あれ?私と一緒の時間を過ごしてるんじゃなかったの?」

と、追い打ち。

嘘をついたらいけないのね。
達郎さんに謝らなきゃ。

私は川の中で立ち尽くし・・
でも3月はトップシーズンだし
釣りにも行きたいし
と、独り言。

いやいやこれは潔く。
達郎さん、すいませんでした。』

達郎氏:

皆さん、奥さんに頭が上がらない生活でございますね(笑)
もうちょっと手加減してあげてください(笑)奥方様!

♪ For Once In My Life/Stevie Wonder

♪ Follow Every Dream/William Hart

~ CM ~

来週

達郎氏:

来週も引き続きリクエスト特集ですが。
ちょっとスケジュールが立て込んできましたので、来週は前倒しでお届けしますので。
今からお送りいただいても、来週はお応えできませんが。

引き続き・・
再来週で本年度も終わりという感じで・・
あっという間に3月も終わりという。

世情がワサワサしておりますけれども。
私のところは、変らずオールディーズ番組で継続しております。

引き続き、リクエスト、お便り、たくさんお待ち申し上げております。

おハガキでも方は
〒102-8080
TOKYO FM 山下達郎サンデーソングブック

メールでのご所望は https://www.tfm.co.jp/ssb/

よろしくお願いします!

年度変りのお便り

達郎氏:

年度変りでございますので、そうした卒業、転勤、そういったお便りがたくさん頂いております。

茨木県筑西市のN.Sさん、超常連

『3月1日は、我が家の長男の高校の卒業式であります。
3年前、高校合格の際には、お祝いメッセージをいただいた本人も、おかげ様で無事卒業することができました。
4月からは公務員を目指して学校に通います。
親としてやれることも、だんだん少なくなってきてますが、社会人になるまで、できる限りのサポートをしてあげようと思っております。』

達郎氏:

新潟市の超常連 I.Mさん

『4月から長野市で単身赴任をすることになりました。
サラリーマンの宿命なのですが、正直一人暮らしで寂しいです。
達郎さんから、励ましのお言葉をいただけると、うれしいです。
よろしくお願いします。』

達郎氏:

がんばってください!(笑)

私が「がんばってください」と申し上げたところでですね、たいしてお力にもなれませんけれども。

富山県小矢部市のN.Tさん

『私は、この3月で37年の中学校での教員生活を終了します。
いろいろなことがありましたが、コロナは学校生活を一変させました。
感染対策で、さまざまな行事が中止や縮小されるなかで、教員と生徒が知恵を絞って、安全対策を講じて実施した運動会や修学旅行は格別なものになりました。

コロナを経験した生徒は、将来コロナ世代と呼ばれるならば、それは困難があっても創意工夫して克服できる立派な世代という意味で用いられることを願っています。

今まで一緒に働いていた同僚や、喜びを与えてくれた生徒に感謝の身持ちでいっぱいです。
早く達郎さんのライブで大好きな「スパークル」を聴きたいです。
4月からは別の形で教育に携わります。』

達郎氏:

小平市のN.Kさん 18歳

『1年ぶりにハガキを送らせていただきます。
私は、先日受験が終わり、今結果を待っています。
受験期というのは、つい不安定になりがちですが、サンソンを精神安定剤にして乗り切ることができました。ありがとうございます。
これからは少しリラックスしてサンソンを聴けるようになります。

自分のお金で買えるようになって初めてのニューアルバム、とっても楽しみです。』

達郎氏:

ほんとに、お若い方から私と同世代の方まで、みんな懸命にですね、時代を生きておられます。
そういうことがハガキからひしひしと伝わって参ります。

私は番組でですね、貢献できることは、そんなにありませんけれども、少しでも音楽がですね、みなさんの力になればと願いを込めて番組を続けていきたいと思っております。

もうすぐ29年半になります。
今年の10月で30周年を迎えます。

引き続きよろしくお願いします。

♪ Crying (Live)/Roy Orbison

♪ He’s Sure To Remember Me/Brenda Lee

達郎さんは自分の字が好きですか?

達郎氏:

新潟県長岡市のH.Aさん

『達郎さんは自分の字が好きですか?
私は自分の字が下手で汚くて、読みにくくてずっと気になっていました。
仕事でメモをたくさん書きます。
急いでいるので、ついつい乱字になってしまいます。

先日、思い立ってペン字練習帳を買いました。
毎日少しづつ練習しています。
このハガキもていねいに書いたつもりですが、こんな程度です。
さらさらときれいに書ける人があこがれます。

アルバム楽しみにしています。』

達郎氏:

ぜんぜんだいじょうぶですよ、これ。
私なんかもう・・
のたくりまくってますからね。

ちゃんと楷書にしないと。
でも楷書がきらいっていう・・中学生で・・なんか「ごんべん」の下の口を丸く書くとかですね。
数学の先生が、そういうのやってて「あっ、かっこいいな!」みたいな、そういう(笑)

「とめ」「はね」がないという(笑)
言われました、私も(笑)

ぜんぜん、だいじょうぶです。
ご健闘を。

音圧とは何なのでしょうか?

達郎氏:

長野市 O.Yさん

『こんにちは、教えてください。
音圧とは何なのでしょうか・・』

達郎氏:

虫眼鏡で見なきゃいけない(笑)

『なんとなく感じではわかるような気がしますが。
音圧は高いほうが音はよい気がするのですが。
アナログ盤とデジタルでどうですか。
アナログの方が音が温かい気がするのですが。』

達郎氏:

人によってぜんぜん違います。
音圧は、いろんなところで、いろんな方が、いろんなことをおっしゃってますけれども。

音圧っていうのは、要するにグッとくるんですね音が。
グッとくると音圧が高い・・そういうものなので。

音がでっかければグッとくるものではない。
ですから音圧だけあってもダメです。
演奏がよくないとダメです。
いろいろなファクターがありますので。

音圧といったら何ですか?
グッとくる音です!

それでいいんです。

エンディング 

達郎氏:

今日はこのへんで。
来週も引き続きリクエスト特集です。
お楽しみに。

今日の最後

達郎氏;

一昨日 3月11日は、東日本大震災から11年を数える日でございます。
私もいろいろな11年前の思い出がございますけれども。
そういうようなのを含めまして、今日は「希望という名の光」たくさんリクエストも頂いております。

最後はこれをお届けしたいと思います。

姫路市のG.Iさん

『毎週日曜日 サンデーソングブックが始まる午後2時からの55分間は、私にとっては少し緊張する時間です。

最高の選曲と最高の音質が流れる番組を毎回飽きもせず・・失礼!
録音している嫁!

雑音が少しでも入るものなら機嫌が悪くなるのが目に見えているので、MDラジカセをチェックし、空気清浄機を停め、テレビも見ずに本を読んで番組の終わるまで静かに待ってます。

夕方、仕事から帰ってきた嫁が録音した番組を聴きながら、機嫌よくご飯を作ってくれます。
3月15日は嫁のんん歳の誕生日です。
達郎さんからも祝ってもらえると幸いです。』

達郎氏:

今日は、恐妻家の方から、がたくさんお便りをいただきました(笑)

たくさんいただきました「希望という名の光」

♪ 希望という名の光/山下達郎

今週のオンエア曲

14:05 Oppression Blues(弾圧のブルース)/山下達郎
14:09 Stay/Maurice Williams & The Zodiacs
14:13 Hallelujah/Sweathog
14:18 For Once In My Life/Stevie Wonder
14:22 Follow Every Dream/William Hart
14:32 Crying (Live)/Roy Orbison
14:39 He’s Sure To Remember Me/Brenda Lee
14:45 希望という名の光/山下達郎

この記事が気に入ったら、いいね!いだけると嬉しいです!
サンデーソングブックの一部を文字お越しでお届けします。
山下達郎サンデーソングブック 
スポンサーリンク
9thnutsをフォローする
未来の自分が振り返る

コメント