山下達郎 OFFICIAL SITE

山下達郎さん サンデーソングブック 2009年8月16日「納涼リクエスト大会」

山下達郎さん サンデーソングブック 2009年8月16日「納涼リクエスト大会」5週目です。

◎番組冒頭

達郎氏:

「私は、そろそろ次の曲の、曲書きに入っております。書いてるはずです。
今月の末くらいまでに曲をまとめて、レコーディングに入って、纏めていく、そういう感じでございます。
ニューシングルの発売前に、次の曲を書いているという、ありがたいことでございます。」

◎リスナーからのご質問(1)

達郎さんは街中で”ひょっとして達郎さんですか?”と声をかけられると嬉しい方ですか、それともお気持ちはありがたいのですが、そっとしておいて頂けるとありがたいと思う方ですか?

達郎氏:

「実を言いますと、そんなに街中で声をかけられることが殆ど、私、ございませんで、掛けられた時は、ほんとにファンクラブの方が殆どでございますので、それはもうライブで声掛けられるのと同じ位に、アレですので、ま、それなりに、あれでございます。
あんまり、奥さんが15人がかりでとかいますと、ちょっと困りますけれど。1対1だと、まあ何とかなるでしょう。」

◎リスナーからのご質問(2)

高2の息子ですが、将来、スタジオエンジニアになりたいようなのですが、かなり特殊な業界で、なりたくたも、なれるものではないと思います。でも少しでも可能性があるとしたら、どのような勉強や学校、学科、サークル、つてを目指せばよいのでしょうか?
達郎さんの弟子にしてもらうのが、一番手っ取り早いと思いますが、冗談です。

達郎氏:

「エンジニアになりたい人は、専門学校がありますが、一つのサディスションとして、なるべく大きなスタジオに行くことをお奨めします。僕らが使っているスタジオ、例えば、サウンド・インとかですね、たくさんスタジオがあるスタジオ、プライベートスタジオでちっちゃいスタジオよりも、大きなスタジオの方が、色々な仕事がありますので、そっちの方が、仕事を覚える幅が広がりますので、将来、できます。

昔レコード会社に就職して、録音課というところに就職しましてですね、レコード会社のスタジオで修行するのが一番良かったんですけど、今はもうとにかくレコード会社が不況で、みんなスタジオ手放してしまいましたので、独立の録音スタジオが、大きいところがたくさんありますので、そういうところに行かれるたら如何でしょうか」

◎「アトムの子」いったいどこのライブか?

達郎氏:

「本来のスケジュールでは、千秋楽は札幌だったのです。
そのあと、沖縄と東京がプラスされましたので、”なんちゃって千秋楽”と我々は呼んでおりますが、
千秋楽でしたので、録音機材を東京から走らせて、ちゃんと録音をとってあります。
4月25日、北海道、札幌厚生年金会館でのライブバージョンです。」

今週のオンエア曲

14:04 僕らの夏の夢/山下達郎
14:10 Glad All Over/Dave Clark Five
14:15 Black Magic Woman/Fleetwood Mac
14:20 How Can I Go On Without You/Corey Blake
14:25 My Last Chance/Marvin Gaye
14:36 Baby I Want You/Funky Communication Committee
14:40 Papa-Oom-Mow-Mow/The Rivingtons
14:45 アトムの子(’09 Live Version)/山下達郎



札幌 不動産 自動車保険

この記事が気に入ったら、いいね!いだけると嬉しいです!
サンデーソングブックの一部を文字お越しでお届けします。
山下達郎サンデーソングブック 
スポンサーリンク
9thnutsをフォローする
未来の自分が振り返る

コメント