山下達郎 OFFICIAL SITE

山下達郎さん サンデーソングブック 2018年2月11日『棚からひとつかみ』

山下達郎さん サンデーソングブック 2018年2月11日『棚からひとつかみ』

長崎市内も日曜午後から気温が下がりはじめました。
月曜の朝にかけて積雪があるかもしれません。

今日のサンソン、いつものように気持いい音楽と楽しい達郎さんのおしゃべりが、まったりとした気分にさせてくれます。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。

◎ 冒頭

達郎氏:

建国記念のハッピーマンデー。
3連休でございますが・・・

えぇ・・・とにかく北陸は、すごい雪ですね。
今日の予報も暴風雪。
連休、何処行くのさわぎではありませんが。

車は立ち往生してるし。
除雪でですね、たいへんな思いをされてる方も、たくさんいらっしゃいます。

心よりお見舞い申し上げます。
お大事に。

もうちょっと・・・春が来るんでしょうかね。
もう2月の中旬だというのに。

新潟は、ずーっと雪の予報でございます。
すごい!

お大事に。

私は、スタジオ仕事、あいかわらずやっております。
1曲できまして、今ちょっと、違う仕事にかかっております。

これが、今週片が付きまして、来週からまた、ちがう曲の曲書きということで(笑)
なんか、やたらと働いてる感じがして(笑)
ありがたいことでございます。

えぇ、誕生日過ぎまして。
このあいだ、年金の申請に行ってきました。
まぁ大変でございます。

また、機会があれば(笑)
ボヤキを聞いていただこうと思いますが。

ずーっとスタジオでレコーディングしております。
先々週に続きまして、今週もそういう時はレギュラープログラム『棚からひとつかみ』

山下達郎のレコード棚からアトランダムにいろいろとお聴きを頂きます。

先日、2月1日にブルータス、雑誌ブルータスでですね、サンデーソング・ブックの特集をして頂きました。
表紙まで出てしまいましてですねブルータス・ソングブックという。
おかげさまで、すばらしくご高評頂いておりまして、売れ行きも上々でありまして。

今時珍しいと、いわれておりました。
引き続き、よろしくお願いいたします。

番組の中ほどでまた、ご紹介しますけれども。

お便りもたくさん頂いております。
誕生日も絡んでおりましてですね、お便りがとにかく山のように・・
私、この番組25年やってますけど、今までで一番多いのかっていうくらい量が来ましてですね。

嬉しい悲鳴なんですけど、とにかく読みきれない(笑)
読んでも、読んでも減らない(笑)

後々で、おっかけながら行きたいと思いますけれども。
出来る限り、お便りご紹介したいと思いますが。
とにかく、もう・・・パンクしちゃってますね(笑)

ほんとに(笑)、ありがだい事です(笑)

本日も日曜の午後のひととき、山下達郎サンデーソング・ブック、今日も素敵なオールディーズソングでお楽しみを頂きたいと思います。

山下達郎のレコード棚からアトランダムにお聴きを頂きます。
おなじみ『棚からひとつかみ』
ほんのちょっとだけ、リクエストをまぶしまして、本日も最高の選曲と最高の音質でお届けを致します。

あいかわらず「REBORN」のリクエスト、たくさん頂いております。
広島県のY.Yさんは、お父様がお亡くなりになったと・・いうことでございまして・・
お悔やみ申し上げます。

兵庫県高砂市の超常連O.Nさん
熊本県の超常連、O.Iさん。
富山県滑川市の超常連Y.Yさん。
広島市のF.Yさん・・・この方も奥様を4年前に亡くなられたと・・
それで、REBORNの歌詞・・これだと思って・・

たくさん頂きました。

♪ REBORN/山下達郎

~ CM ~

♪ If I Had A Hammer/Trini Lopez

◎リスナーからのお便り(群馬県高崎市のO.Eさん) 

『達郎さん、65歳のお誕生日、おめでとうございます。
60代後半線の意気込みをなど、お聞かせください。』

達郎氏:

おそろしい・・
怖い!

えぇ、まぁ・・摂生してですね1年でも、1日でも多く現役でいたいと思います。
もうちょっと、レコードのリリースをですね早めたいというのが正直なところでございますが(笑)

えぇ・・寄る年波。

◎リスナーからのお便り(中野区のO.Tさん) 

『達郎さんのライブに行ったときに、声がよく通っていて、この人は若い頃よりも声が出ているんじゃないか、衰えを知らないんじゃないかと、つくづく思います。

何か秘訣はあるのでしょうか。
「そんなこと聞いて、どうするの」のコーナーでお聞かせ頂ければ幸いです。』

達郎氏:

摂生してます(笑)

若い頃はデタラメでしたからですね(笑)
タバコ吸って、酒のんで!
朝まで起きて!

えぇ、今そんなことやったら死んじゃいますからですね。
「石部金吉」でやっております(笑)
がんばります!

♪ Grazing In The Grass/Hugh Masekela

◎リスナーからのお便り(宮城県気仙沼市のI.Mさん) 

『2月4日 立春
2月3日は節分、豆まきでした。

寒い寒いといっても、確実に春がやってきます。
達郎さんにとって、豆をぶつけたい鬼はいらっしゃいますか。
何人くらい、いらっしゃいますか?
誰ですか?

「言えるわけねぇーだろ!」
・・・ですよね。
くだらない話しで申し訳ありませんでした。』

達郎氏:

自分で突っ込んで、自分でボケる!
タイミングをよくご存知でございますね(笑)

♪ Everybody Plays The Fool/The Main Ingredient

◎リスナーからのお便り(江戸川区のO.Mさん) 

『1月14日の放送では、大好きなロイ・オービソンが2曲もかかって、嬉しい限りでしたが、ちょうど妻と銀ブラをしていて、歩行者天国をイヤホンをつけて歩いていたら、すっかり気分がよくなって、妻にねだられるまま、ものすごく高いブランドの服を買わされました。

おかげで財布の中身がランニング・スケアードです。
彼女は振り向いて帰ってきたかもしれませんが、僕のお金は帰ってきません。
達郎さんのせいだ!

オイラのリッケンバッカーより高い服を、彼女はどこへ着て行くのか!
金欠のため、賀状のあまり。』

達郎氏:

こういうハガキ、好きなんですよ・・
洒落がある!
ふへへ(笑)

♪ Holding On/The Detroit Emeralds

◎リスナーからのお便り(茨城県牛久市のA.Tさん) 

『達郎さん、初めておたよりします。
数多い番組開始から聴いている昭和28年生まれのファンです。』

達郎氏:

えぇ・・・面白いっすね。
へへへ(笑)

『先日、土浦駅近くの古本屋で昭和57年発売の山下さんのロングインタビューという記事が載ったた「宝島」という雑誌を見つけ、おもわず全文立ち読みしてしまいました』

立ち読みかい!(笑)

『番組開始の10年前ですね。
最近もアコースティックライブのラジオ放送の中でのインタビューを聞きましたが、山下さんの音楽に対する姿勢が、あのころから現在に至るまで少しもブレずに来てることに、あらためて尊敬の念を強くしました。

月一度の古本屋廻りが、一段と楽しかったです。』

お買い求めしなかったんですね。
立ち読み(笑)

♪ つらい別れ/タワー・オブ・パワー

~ CM ~

◎来週 

達郎氏:

来週も引き続き、この調子で。

お便りが、なにしろたくさん頂いておりますので。
お便り、たくさんご紹介したいと思っております。

◎雑誌 ブルータス

達郎氏:

ブルータスがですね、ほんとに、あのぉ・・ご高評いただいておりますので。

そうしたお便りが、たくさん頂いておりまして。
とても、お応えしきれないので。

それでは、というのでですね。
サンデーソング・ブック25周年でございますので、その一環としてブルータスとコラボしました「山下達郎のブルータス・ソングブック」でございますが。

引き続き、全国の書店で好評発売中でございます。
品切れ起こしてるところすら、あるというですね。

おかげさまで、ほんとにありがとうございます(笑)
各方面より、ご高評いただいております。

なのでですね、せっかくブルータスでサンデーソング・ブックの特集やって、雑誌として出ておりますので。
これをフィードバックしていこうと。

3月に入りましたら、このブルータスの記事で興味を持ってサンデーソング・ブックをお聴きを頂いた、今日初めてダイヤルあわせたみたいな方、いらっしゃると思いますが。

あのブルータスのたくさんの記事の中でですね、この曲聴いてみたいとかですね、この曲、あれしてみたいと・・

3月に入りましたら、そういう特集をしてみたいと思います。

『ブルータス・ソングブックで棚からひとつかみ』

ふへへへへ(笑)

リクエストであります。
そういう形にしてみたいと思います。
3月4日を予定しております。

『ブルータス・ソングブック・リクエスト』
というタイトルでございます。

ご応募頂いた方からですね、プレゼント差し上げます。
25名様にですね、ブルータスの表紙をポスターに、マガジンハウスがして頂きまして。
そのポスターをですね、25周年にちなみまして25名様でサイン入りで差し上げたいと思います。

奮ってリクエストください!

で、雑誌で記事が出ましたので、いつものようにハガキですとですね、ハガキに慣れない方もたくさんいらっしゃるので。

時々、やっておりますが、メールOKという週にしたいと思います。
どしどし、リクエストお寄せください。
まだ半月くらい先ですので、また申し上げますけれども。

tatsuro@tfm.co.jp

時々、メールでリクエストお受けしたことがございますけれども。
今回のブルータス・ソングブック・リクエスト(笑)
これも、それでいってみたいと思います。

また2月の最終週くらいになりましたら、詳しいこと申し上げます。
これぞ、コラボレーション!という感じでございます。

◎アコースティックライブ 

達郎氏:

でですね、先週申し上げましたけれども。
ここのところ、いわゆるアコースティックライブという名目で、山下達郎、それからキーボードの難波弘之さん、ベースの伊藤広規さん、3人で、3人ライブでございますが。

昔からやってた、あれですけれども。
隔月くらいでですね、コンスタントにライブやっております。

ちっちゃな所でやっておりまして。
ついに、今までやった中で、一番ちっちゃな所でやることになりました。

京都の拾得

ライブハウスでございますけれども。
蔵を改造したですね、歴史のある・・45周年でしょうかね。

ここで、やることになりました。

3月16日 金曜日
3月17日は土曜日

それぞれ18:30開演でございますが。

京都「拾得」
詳しくは山下達郎オフィシャルサイトを御覧ください。

3月になりましたら、もうちょっと詳しいインフォメーション申し上げたいと思います。

先日も、目黒のブルースアレイジャパンでやりましたけれども。
そんな狭いとこでやってですね、お客さんが全部観れないじゃないかと。

いろいろなことを、お叱りも頂きますけれども。
あくまで自分のアレです。

ストレッチです。
心と声のストレッチ。

そうしますと、本チャンのツアーがですね、非常にいきますので。
体調管理の一環としてやりますので。
そのへんをご理解頂きたいと思っております!

よろしくお願いします。

◎番組スタッフ

達郎氏:

今回のブルータスでですね、スタッフの皆さん、面々がですね、写真写りまして。

千葉市のY.Tさん。

『雑誌ブルータス、購入しました。
一冊まるごとサンデーソング・ブック特集なんて、すごいですね。
今回、山岸さんや、植田さんのお顔を拝見することができました。
これから、名前が登場したとき、イメージしやすいですね。

達郎さんの録音スタジオの風景もありましたね。
これからも、いろいろ想像しながらサンデーソング・ブック聴いていきたいと思います。』

えぇ・・・そういう感じでございます。

向こうで、もう何も言わないでくれって、みんな☓マークを出しております。

♪ February Sunshine/The Giant Sunflower

♪ Night Time Girl/M.F.Q.

◎エンディング 

達郎氏:

今日はこのへんで。

ハガキがたくさん残ってしまいました(笑)
ブルータス関係のご質問、たくさん頂いておりますが、来週やってみたいと思いますが。

横浜市のK.Mさん。

『達郎さん、お誕生日おめでとうございます。
誕生日当日にサンソンとは、いつにも増してハガキが多いと思います。

私事ですが、ちょうど一年前にハガキを読んで頂きました。
達郎さんの誕生日を携帯のパスワードにしているとの内容でしたが、覚えてくださってますでしょうか。

採用されたことが、とてもうれしくて何度もラジコで聴き返したことを覚えています。
しかし、内容が内容だったので、名前を読んでいただけませんでした(泣)。

もう一度、採用され、名前を読んでもらえたら、パスワードを変えようと思い1年間ハガキを送り続けました。

しかし採用はなく、パスワードはそのままで、3歳になる娘に覚えられ日々解除される毎日です。

どうかどうか1年後しの私の願い事を叶えていただけませんでしょうか。
たいした内容でもないのに、お願いするのは気が引けるのですが、ぜひ宜しくお願いします。』

変えればいいじゃないですか!(笑)
すごいね、願掛けというか、何ていうか験担ぎと言いましょうか・・
そういう感じでございますね。

すごいですねぇ~
ほんとに。
いろんなお便りをいただきますが、ありがとうございますね。

町田市の超常連K.Kさんから、こういうお便り。

『この前、めずらしく「ヘイリポーター」がかかりましたね。
車の中で「FOR YOU」を繰り返し聴いているため「ヘイリポーター」も日頃から繰り返し聴いております。

私もこの歳になると、すっかり腐りかけ奥様になり、このファンキーな曲を聴きながらも、一抹の寂しさを感じずには、いられません。
ワイドショーこそ、見ませんが。』

この番組を聴いて下さる方々はですね(笑)
そういうのと違います(笑)

歳とれば、全部腐れ書けの奥様になるわけじゃないです!
誤解なきように、くれぐれも宜しくお願いします。

「私は違うのよ!」って言ってくださいね(笑)

まもなくバレンタインデーが来ます。
今年も、私の会社の女子社員がですね、今日の収録前にドットやってきまして。
またひと月後が怖いという、今日このごろでございます。

で、バレンタインデーといえば、大瀧詠一さんの「ブルー・ヴァレンタイン・デイ」
久し振りに・・・
ここんとこ、自分のやつだったりしますので。
去年、そうだったかな。

久し振りに。

♪ ブルー・ヴァレンタイン・デイ/大滝詠一

今週のオンエア曲

14:04 REBORN/山下達郎
14:10 If I Had A Hammer/Trini Lopez
14:15 Grazing In The Grass/Hugh Masekela
14:19 Everybody Plays The Fool/The Main Ingredient
14:24 Holding On/The Detroit Emeralds
14:28 つらい別れ/タワー・オブ・パワー
14:38 February Sunshine/The Giant Sunflower
14:42 Night Time Girl/M.F.Q.
14:47 ブルー・ヴァレンタイン・デイ/大滝詠一

この記事が気に入ったら、いいね!いだけると嬉しいです!
サンデーソングブックの一部を文字お越しでお届けします。
山下達郎サンデーソングブック 
スポンサーリンク
9thnutsをフォローする
未来の自分が振り返る

コメント