山下達郎 OFFICIAL SITE

山下達郎さん サンデーソングブック 2019年5月12日『最近亡くなったミュージシャンを偲んで棚からひとつかみ』(#1387)

山下達郎さん サンデーソングブック 2019年5月12日『最近亡くなったミュージシャンを偲んで棚からひとつかみ』(#1387)

長崎市内は、初夏を思わせるまぶしい日差しです。

今日のサンソン、達郎さんが一番好きなギタリストのひとりで「無駄のないギター!」と言っていたレジー・ヤング、初めて聴きましたが、きれいなサウンドですね。

ということで、このブログでは山下達郎さんのサンデーソングブックのほんの一部をテキスト化しています。
誤字脱字は、ご容赦くださいませ。

◎ 冒頭

達郎氏:

えぇ、私のこのサンデーソングブック、もうすぐ27年に迫りますけれども。

始めたころの放送ですとですね、声がまだ若いというか、高いというか・・・
最近ちょっと、少しボトムに・・
苦み走った感じ・・自分で言っちゃしゃぁない感じがしますがですね(笑)

なんか、単に年取っただけだという、そういう感じもあります(笑)

少し、昔よりは少々落ち着きが出てきたような・・
自分では、感じがしておりますけれども。

令和に入りまして、2回目の日曜日でございます。

1387回目の山下達郎サンデーソングブック。
だいぶ、私もですね、年を重ねて参りまして。
昔から音楽が好きでですね、60年代からずっとリアルタイムで、ロックンロール聴き続けて参りましたけれども。

やはり、自分が年を重ねてくるにつれてですね、あのぉ・・・
私が愛聴していた、そうしたミュージシャン、そういう方々がですね、次々と・・
やっぱり鬼籍に入っていくという・・

そういう、ま、しみじみした気分になってしまいますが。

特に今年入ってからですね、相次いでいろいろな方の訃報が飛び込んでまいりまして。

それぞれがですね、1週間くらい、もしくは1週間、2週間、簡単に特集ができるくらいの、方々なんですけども。
ちょっと、そういうプログラムをですね、綿密に構築する、今、時間的な余裕がございませんので。

今年に入ってから、亡くなられた方を中心に。
最近亡くなったミュージシャンを偲んで、今日は「棚からひとつかみ」でございます。

でも音楽はとっても明るい曲ばっかりですのでですね。

明るく音楽的に偲べるかなと・・
感じでございます。

今日は、そういうわけで『最近亡くなったミュージシャンを偲んで棚からひとつかみ』

日曜日の午後のひととき、本日も最高の選曲と最高の音質で、お楽しみを頂きたいと思います山下達郎サンデーソングブック。

富山市の超常連Y.Yさん、この方、毎週いただきますが。
今日は珍しい質問であります。

『3月17日の放送で「パレード」が流れました。
達郎さんの公式サイトでは、”山下達郎1976年”となっていましたが、ネットのWikで調べたところ、もともとはシュガーベイブ時代のレパートリーとして1974年ごろに作られた作品、とありました。

アルバム「ソングス」にも収録されてたと思います。
記事読んだのですが、よくわかりませんでした。
素人でもわかりやすく、達郎さん本人の解説でよろしくお願いします。

シュガーベイブなのか達郎さんのソロ名義なのか。
ピアノは坂本龍一さんでしょうか。』

この方、お若いんですね。
30代なんですよね。

毎週頂くんです。
40、50代と思ってましたけれども。

「パレード」
もともとはシュガーベイブの時に作った曲で、ライブでもやっておりましたが。
アルバム「ソングス」には、収録できなかたんです。

で、現在、「ソングス」に入っているのはボーナストラックで、シュガーベイブのデモの「パレード」です。

で、1976年にですね、ソロになる前に作りました、大瀧詠一さんと、伊藤銀次さんと、山下達郎、3人で作りました「ナイアガラトライアングル」というアルバムに私のソロ名義でレコーディングしました。

これが公式のテイクでございます。

そらが、その後ですね「ポンキッキーズ」そういうものに使われた「パレード」として認知されています。

上原裕のドラムで、
寺尾次郎 ベース
坂本龍一 ピアノで
私のギター

4リズムでレコーディングしたものに、ブラスとコーラスを足したものでございます。

♪ パレード/山下達郎

~ CM ~

♪ マジック・ガーデン/フィフス・ディメンション

◎ ハル・ブレイン 

達郎氏:

まずは、ハル・ブレイン
3月11日に亡くなりました。
享年90歳、大往生ですね。

私の最も敬愛するドラマー。
自分もドラムやっておりましたので。

ドラマーというのを始めて意識した人のひとりであります。

今は「レッキング・クルー」なんて、誰でも口にしますけどですね。
僕が昔ハル・ブレインとか言ったとき、だれそれって、さんざん言われましたけどね(笑)

時の経つのは早いものですけど。
でも、普通にハル・ブレインという名前が、いろんなメディアで挙がるようになって、いい時代だと思います。

ほとんは、特集してもいいんですけど。
先日も申し上げましたみたいに、90年代に1回やってますのでですね。

もうちょっと、それよりも突っ込んだプログラムにしなきゃ、なんないと。
そうすると時間と手間がかかるんで(笑)
ちょっと今できませんで、すいません(笑)

ひと段落しましたら、心の余裕が出ましたらハル・ブレインは、またやってみたいと思っています。

◎ ディック・デール 

達郎氏:

大物が亡くなりました。
3月16日でございますけれども。

ディック・デール

サーフィン・ミュージックのですね草分けの人であります。
享年81歳。

今、もう誰でも「ミザルー」知ってる時代でありますけれども。
「ミザルー」はチャートに入ってないですよね。
ヒットしてないんですから(笑)

ですので、その時のヒットというものがですね、歴史に残るか、残らないかという・・
そういうのとは別問題であります。

例えばこのディック・デールの作品が好きな人が、そうやって口にしてですね、そうやって、継がれていくという・・・
そういうものであります。

もう、どこいっても「ミザルー」なので。
僕が一番好きなのはキング・オブ・ザ・サーフ・ギターというですね歌入りの曲なんですけど。

今日はちょっと嗜好を変えて「ミザルー」に勝るとも劣らないグルーヴの演奏。
1963年のレコーディング

♪ Hava Nagila/Dick Dale & His Del-Tones

◎ マイケル・ワイコフ 

達郎氏:

マイケル・ワイコフ 
3月13日に亡くなりました。

67歳だそうで、私よりちょっと上でありますが。
同世代ですね・・

キーボード・プレイヤーでシンガーでもあります。

スティービー・ワンダーのレコーディングに参加したあたりからですね、名前が知られるようになりました。

一番有名なのが、RCAでのセカンドアルバム
1982年にシングルカットされまして、ソウル・チャート47位

♪ Looking Up To You/Michael Wycoff

マイケル・ワイコフは、しゃれた音楽やってた人なんですけど。
80年代以後ですね、ありきたりですけど・・ドラッグとアルコール中毒に悩まされまして。

最後はゴスペルに救いを求めたという・・・

ちなみに息子がDJ.マイケル・ワイコフという、DJで活躍してるそうであります。

◎ Sydney Joe Qualls 

達郎氏:

R&Bのシンガーであります。
享年65歳。

53年生まれですから、私と同じ年でありますが。

南部からシカゴに移りまして。
1974年にDakarレーベルでシングルヒットを出しましたけれども。

このひと、いわゆるアル・グリーン・クローンと言いましょうか、アル・グリーンに非常に傾倒してるひとで、アル・グリーンにそっくりな歌い方するんですけど。
逆に非常に評価が低かったんですが。

同じシカゴで、シャイ・サウンドから1979年にアルバムを一枚出します。
「So Sexy」というタイトルのアルバムですが。
これが非常にいい出来でありまして。

ハツラツと歌ったアルバムで、僕、これ・・
この頃はシカゴのR&Bが好きだったんで、とてもよく聴いた1枚であります。

自分と同じ年とは、夢にも思いませんでしたけども。
今聴いてもですね、とってもおおらかな歌い方をする人であります。

1979年、シドニー・ジョー・クォールズ
アルバム「So Sexy」から、私がいちばんすきな曲。

♪  I’ll Run To Your Side/Sydney Joe Qualls

◎ スコット・ウォーカー 

達郎氏:

3月26日に亡くなりました。
享年76歳

スコット・ウォーカーは、ウォーカー・ブラザースから、ソロ、そしてその後ですね、非常にアバンギャルドな作品・・
スコット・ウォーカー特集をしたいんですが・・・
10代のころのアイドルシンガーみたいな作品からですね、晩年のすごく暗い作品まで、やってみたいんですけど。

ちょっと今、心の余裕がないので。
少し余裕ができたら、やってみたいと思います。

今日はすごくベタなやつ
78年の代表作。

♪ Joanna/Scott Walker

スコット・ウォーカー、やっぱり特集やろうと思いますので。
近日中に(笑)
よろしく(笑)

~ CM ~

◎来週 

達郎氏:

来週は、またリクエスト特集。
一所懸命、お応えしたいと思っております。

引き続き、リクエスト、お便りたくさんお待ち申し上げております。

〒102-8080
東京FM『山下達郎サンデーソングブック』の係

◎デビットホ・ワイト

達郎氏:

この方は作曲家であります。
もともとはドゥ・ワップ・グループでデビューしたひとであります。
ダニーとジュニアーズという・・グループでスタートをいたしました。

1958年
全米19位
フィラデルフィア・ドゥ・ワップのグループであります。

♪ ロックン・ロール・イズ・ヒア・トゥ・ステイ/ダニーとジュニアーズ

◎レジー・ヤング 

達郎氏:

ギタリストです。
レジー・ヤング。

私の最も好きなギタリストの一人であります。
南部のメンフィス、ナッシュビル・・そういうところでですね、長い間活躍をいたしました。

享年82歳

彼の代表作、1973年のDobie Grayのミリオン・セラー

♪ Drift Away/Dobie Gray

レジー・ヤングの無駄のないギター、すばらしい!

◎エンディング 

達郎氏:

というわけで今日は、最近亡くなったミュージシャンを偲んで棚からひとつかみ
タイトルでお届けしました。

ハル・ブレイン
ディック・デール
マイケル・ワイコフ
シドニー・ジョー・クォールズ
スコット・ウォーカー
デビットホ・ワイト

そして
レジー・ヤング

みなさん、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
いい音楽をありがとうございました。

♪ 片想い/山下達郎

今週のオンエア曲

14:04 パレード/山下達郎
14:09 マジック・ガーデン/フィフス・ディメンション
14:14 Hava Nagila/Dick Dale & His Del-Tones
14:18 Looking Up To You/Michael Wycoff
14:23 I’ll Run To Your Side/Sydney Joe Qualls
14:29 Joanna/Scott Walker
14:38 ロックン・ロール・イズ・ヒア・トゥ・ステイ/ダニーとジュニアーズ
14:41 Drift Away/Dobie Gray
14:46 片想い/山下達郎

この記事が気に入ったら、いいね!いだけると嬉しいです!
サンデーソングブックの一部を文字お越しでお届けします。
サンソン「追悼特集」
スポンサーリンク
9thnutsをフォローする
未来の自分が振り返る

コメント