山下達郎 OFFICIAL SITE

青山純さんのドラム 右手16ビートの技

青山純さんのドラム 右手16ビートの技

青山純さんのドラム、達郎さんのライブで初めて見た時、驚きました。
スパークルのハイハットが右手だけで16分音符を刻んでいたのです。
「チクチクチクチク・チクチクチクチク」っていう感じですかね。

レコードで聴いてた時は、両手でハイハット刻んでるのかなぁ、なんて思ってたんですが。
右手1本で16ビートです。

ということで、右手16ビート風景を探してみました。

まずは、TOTOのドラマーであるジェフ・ポーカロさん。
いやぁ いつ聴いても、すごいテクニックです。

まずは、バンドのライブ映像から「Georgy Porgy 」。
この曲では、右手だけで16ビート刻んでます。

Toto – Georgy Porgy (Live in Paris 1990)

それから次は、ポーカロさんのリズムセッション風景。
シャカシャカと右手で16刻んでます。

Jeffrey Thomas Porcaro Rhythmsession

そして、次は、ポーカロさんの右手16ビートをテクニック紹介。
聴いてて、気持がよい。

Jeff Porcaro – 16th Note Patterns

それから、カシオペアのドラムでお馴染、神保さん。
神業です、神保さん。

Casiopea – Perfect Live (1986) – Swear

最後に、どうやって右手で16ビートを刻むのか、です。
なるほど、そうですか。

手のアップダウン奏法。動作と効果的な練習法



不動産担保ローン不動産担保

この記事が気に入ったら、いいね!いだけると嬉しいです!
サンデーソングブックの一部を文字お越しでお届けします。
青山純
スポンサーリンク
9thnutsをフォローする
未来の自分が振り返る

コメント